あがり症を克服するためにやるべきこと・やらないこととは

あがり症克服,赤面症

あがり症で悩んでいませんか?

 

人は、緊張したり、ストレスがかかるような状態になったりしたとき、交感神経が刺激され、動悸ふるえがおきるものです。
この状態を「あがっている」といいます。

 

「あがる事」と「あがり症」の違い

しかし、この「あがっている」状態というのは、個人差が非常に大きいものです。
極度に動悸やふるえ、息切れがある場合やほんのちょっとしたことでもあがってしまう場合は、平常と同じような行動をするのが難しくなります。

 

このくらい重度に「あがってしまう」のを「あがり症」といいます。

 

あがり症の治療方法

あがり症には、多くの場合、カウンセリングと投薬による治療が行われます。

 

カウンセリングでは、カウンセラーはあがる原因について向き合い、何に対して極度の恐れを抱いているのかを考え、克服する手助けをしてくれます
また、薬を利用する場合には、抗うつ剤抗不安薬が用いられるのが一般的です。

 

しかし、薬だけでは軽減はされたとしても、心の中にある恐怖心が解決されないため、完治は期待できません。
カウンセリングにしっかりと取りくみ、自分の心にある恐怖と向き合うこと、そして、あがってしまうことを気にしなくなることが最も重要です。

 

あがり症を自覚してから治療にとりかかるまでの期間が短ければ短いほど、克服するのにも時間がかからないものです。
そのため、不安を感じたらできるだけ早く相談してみることをおすすめします。


病院あがり症を治療する時に使用される薬物の種類や精神療法

あがり症克服,赤面症

あがり症に悩んだときには、病院に通うことでその悩みの解決を目指すのも手です。

 

例えばあがり症に悩みを感じたとき、不安を取り除く効果のある薬を処方されることで、精神的な不安感をなくせるようになってくるのです。

 

薬による治療

ベンゾジアゼピン系の抗不安薬を飲むことにより、緊張状態を軽くすることができるので、人と会った時に緊張をすることなく接していくことができます。

 

ベンゾジアゼピン系については、レンドルミンなど薬の種類が存在しています。
そのため、体質や症状の出方によって適している種類が違ってきますので、医師の診察を受けたうえで飲んでいく必要があります。

 

精神療法

実は、あがり症を改善させるためには、ベンゾジアゼピン系の薬を飲むだけでは足りません。
精神的な緊張を開放するための考え方や生活を身に着けていく必要があります

 

中でも森田療法においては、今現在の自分をあるがままに受け入れることを重視した治療法で多くの方が悩みを感じにくくなってくると話題です。

 

あがり症の方は、どうしても他人の目を気にしたり自尊心が高い傾向にあります。
しかし、あるがままを受け入れることにより自然に生活を送っていくことができるようになるのです。


あがり症は一人で悩まず心療内科で治療を受けることが有効

あがり症克服,赤面症

あがり症をただの性格的特徴の一つと考え、気持ちの持ちようでどうにでもなる、と考える人が今も少なくありません。

 

しかし、本人にしてみれば社会に出る上での大きなハードルとなり、日常生活に支障をきたすほどの症状に悩まされているケースも少なくありません。

 

あがり症と認定されるまで

あがり症は古くからある病気ですが、薬による治療が有効だと認められたのは最近になってからです。
治療を行うためには、心療内科に出向く必要があります。

 

診断としては、初対面の人の前や大勢の人の前で過度の緊張をしてしまう人、話したり行動する時に緊張しやすい人は、あがり症の可能性があります。
「可能性がある」としたのは、緊張というものは誰でも多かれ少なかれ経験するものだからです。

 

問題になるのは、その度合いであり、生活や仕事、学業に影響が出始めたら、病気として扱われます

 

あがり症の治療方法

治療は安定剤をのんで症状を抑えるという方法が一般的です。

 

限られたシーンにのみ緊張してしまうという場合には、その状況になる前に頓服として薬をのむこともあります。
性格的な傾向が強く影響しているなら、カウンセリングによって思考の歪みを取り除く方法も有効です。

 

思い込みから解放されると、症状が改善されるケースもあります。


あがり症の子供が発表する場で悩んでいる時の声掛けについて

あがり症克服,赤面症

子供にもあがり症はあります

 

ただし、基本的に低学年まではどの子も比較的自分の意見を発表する場や機会での苦手意識は低いです。
それは自意識、自分が相手にどう思われるか、という気持ちよりも自分自身の気持ちを優先して発言できるからだと言われています。

 

特に男子の場合その傾向が見られますね。
しかし、年齢が上がるにつれて羞恥心や他人の動向が気になりはじめ、自分と他者を冷静に比較できるようになるとあがり症が顕著になってきます

 

あがり症の子供への対応

あがり症の子供への声掛けは、まずリラックスするように深呼吸を促します。

意識を反らせる

発言する際の視点は周りの壁や風景をとらえて人の顔や視線に目を合わせないことを説明します。
あがり症の子が人前で発表するときはその直前まで何か読んでいたり書いたりして意識を違うものに集中させるのも効果的です。

緊張からくる失敗を減らす

あえてゆっくり語尾に力をこめて話すようにすると声が震える可能性も低いですし多くの発言をしなくても時間を稼げるので良いです。

自信を植え付ける

そして何より「あなたは大丈夫」を声をかけてあげると安心できます。
終わった後は「頑張ったね」と言ってあげると子供も達成感が得られます。

 

そういう経験を何度かしてやりこなせている自分を感じられたら段々小さな自信となって、あがり症の度合いが少し軽減されていきます。


あがり症のためにあきらめていた就職を成功させる方法とは

あがり症克服,赤面症

人前に立つとあがるという人は大勢います。

 

昔なら手のひらに人という字を書けば心が落ち着くと教えられたものです。
誰しもがあがることを経験するので、決して病気ではありません。

 

ただし、もしかすると他の病気が潜んでいる場合もあるので注意は必要です。

 

重度のあがり症の判断基準

ただ単にあがりやすいという程度なら、病院に行く必要はないでしょう。
あがることが病気なら、ほとんどの人が病院に行くべきだという話になってしまいます。

 

つまり日常生活に支障がない範囲でのあがり症であるならば問題はありません。
しかし、極端なあがり症の場合には話が変わってきます。

 

  • 対人関係が上手にできない
  • 自分に自信が持てずにあがってしまう

 

など、社会不安障害のような症状があるなら、一度専門機関で相談してもいいでしょう。
そのままにしていると、うつ病やパニック障害を発症してしまう場合があります。

 

相談をすることで解消することもある

自分はあがりやすいだけと決めつけ無いことも大事です。
自分としっかりと向き合って、必要なら専門機関で治療を受けるなり、カウンセリングを受けてみることをおすすめします

 

今の世の中は便利になった分、人には自分のことをなかなか打ち明けづらい世の中になっています。
あがり症を放っておくと、就職をするときに苦労してしまう場合があります。将来にも影響するので、しっかりとした治療を受けるようにしましょう。


あがり症の薬では一時的な効果はあっても根本的には克服できない

あがり症克服,赤面症

人前であがってしまい、緊張して思うように行動が出来ない事が「あがり症」です。

 

緊張すると無意識に症状が出ることが多いですが、あがり症が発生する条件は様々です。
このあがり症は病気ではなく、精神的な影響が大きいとされ、精神面のコントロールやケアが大切です。

 

市販の鎮静剤の効果

市販の鎮静剤などは根本的な改善は期待できず、その効果は一時的なものに過ぎません。
飲み続けることで思考能力が著しく低下していき、さらには普通の薬では効果がなくなってしまい、さらに強いものを服用することになります。

 

また作用がおだやかで依存などの心配も少ないものも多く市販されていますが、その分効き目が弱く、まったく効き目を感じない人も少なくないようです。

 

薬はあくまで補助的な役割

薬は緊張を抑える効果があっても根本的に克服するわけではありませんので、克服の補助として利用することが大切です。

 

持っているだけでも「いざとなったら使う」という安心感が持てる場合もあります。
このような意識を持つことはあがり症対策に非常に有効ですので、お守り代わりに持つのも良いです。

 

うまく活用しながら根本的な改善に取り組むことが大切です。
あがり症を根本的に改善するためには、薬に依存せずに地道にトレーニングすることが大切です

!-- ★サブリミナルあがり症改善プログラム★ -->

 あがり症を無くするには潜在意識の中のあがりを誘発するトラウマ的な記憶を
 正しい記憶に書き換える事が必要です。
 潜在意識の記憶は繰り返し正しいメッセージを届けるだけで簡単に書き換わります。

意識の影響を受けずに潜在意識を直接変えられる秘密を知りたいならコチラから!


[あがり症を克服したいなら]関連情報